はじめにことばありき

https://pics.prcm.jp/49836763f5933/73137580/jpeg/73137580.jpeg 
https://pics.prcm.jp/49836763f5933/73137580/jpeg/73137580.jpeg

 
きょうは第三アドベントです。

 先週、インマヌエル盛岡キリスト教会では、聖書のテトス書2:11~14から、「現れた神の恵み」と題し、國光牧師の説教がありました。

2:11というのは、すべての人を救う神の恵みが現われ、 2:12私たちに、不敬虔とこの世の欲とを捨て、この時代にあって、慎み深く、正しく、敬虔に生活し、 2:13祝福された望み、すなわち、大いなる神であり私たちの救い主であるキリスト・イエスの栄光ある現われを待ち望むようにと教えさとしたからです。 2:14キリストが私たちのためにご自身をささげられたのは、私たちをすべての不法から贖い出し、良いわざに熱心なご自分の民を、ご自分のためにきよめるためでした。

<メモ>
 クリスマスに、よく使われる色彩は、赤と緑ですが、赤は、イエス・キリストの十字架の贖いを、緑はイエス様の誕生と平和をあらわします。
 当時は、社会の底辺にある羊飼いという職業の人たちに、真っ先に救い主の誕生が告げられました。「すべての人を照らす」のすべてには、どんな例外もありません。
 神の救いとは何か、それは、神の前に義と認められること。罪のゆるしをいただくことです。と同時に、神の子どもとしての特権が与えられます。
 聖書には、放蕩息子のはなしがあります。お父さんが生きているうちに、強いて財産分与を受け、結局は放蕩三昧で、ぼろぼろになって帰ってきますが、息子の悔いが真実であったので、お父さんは、この息子を完全にゆるし、両腕を広げて迎え歓待します。これが神の恵みです。
 この神の恵みはどこに現れたのか。ベツレヘムの馬小屋でした。もし宮殿にでも生まれたならば、ごく限られた人々しか会うことは叶わなかったでしょう。しかし馬小屋だった。身なりがどうでも、格式がなくとも、裕福であろうと貧しかろうと、誰でもが訪れることができる馬小屋に生まれてくださった。また神の恵みはどこに現れたのか。それはカルバリの十字架の上にです。十字架で流した血が、自分が犯した罪の身代わりであると信じたものを赦し、罪なきものとし、神に受け入れられるものとしてくださる。イエスの十字架の隣の十字架につけられていた強盗も、イエスさまを信じて赦され、パラダイス、天国を約束されました。そしてまた、神の恵みは、私たちの心にいま、そのわざが為されています。感謝したいと思います。


クリスマス集会のご案内

Img6963

Img697

| | コメント (0) | トラックバック (0)

友人がくれたクリスマスカード

Img701
 友だちが、病気で苦しみながらも、B4判の画用紙に描き、手渡してくれたクリスマスカード、わたしの宝物です。これこそ神さまからのプレゼントです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめにことばありき

 冬至までにはまだもう一息、けさも日差しが寂しい朝を迎えていますが、世の中はせわしく動いています。木々には融けずにのこった雪が。色彩のない庭に、なぜかこの無彩色が色彩を感じさせてくれます。

「クリスマス無料画像」の画像検索結果 

きょうは第二アドベントです。

先週は、ルカ2:22~38から、國光牧師のメッセージがありました。

2:22さて、モーセの律法による彼らのきよめの期間が満ちたとき、両親は幼子を主にささげるために、エルサレムへ連れて行った。 2:23――それは、主の律法に「母の胎を開く男子の初子は、すべて、主に聖別された者、と呼ばれなければならない。」と書いてあるとおりであった。―― 2:24また、主の律法に「山ばと一つがい、または、家ばとのひな二羽。」と定められたところに従って犠牲をささげるためであった。 2:25そのとき、エルサレムにシメオンという人がいた。この人は正しい、敬虔な人で、イスラエルの慰められることを待ち望んでいた。聖霊が彼の上にとどまっておられた。 2:26また、主のキリストを見るまでは、決して死なないと、聖霊のお告げを受けていた。 2:27彼が御霊に感じて宮にはいると、幼子イエスを連れた両親が、その子のために律法の慣習を守るために、はいって来た。 2:28すると、シメオンは幼子を腕に抱き、神をほめたたえて言った。

2:29「主よ。今こそあなたは、あなたのしもべを、
みことばどおり、安らかに去らせてくださいます。
2:30私の目があなたの御救いを見たからです。
2:31御救いはあなたが
万民の前に備えられたもので、
2:32異邦人を照らす啓示の光、
御民イスラエルの光栄です。」

2:33父と母は、幼子についていろいろ語られる事に驚いた。 2:34また、シメオンは両親を祝福し、母マリヤに言った。「ご覧なさい。この子は、イスラエルの多くの人が倒れ、また、立ち上がるために定められ、また、反対を受けるしるしとして定められています。 2:35剣があなたの心さえも刺し貫くでしょう。それは多くの人の心の思いが現われるためです。」 2:36また、アセル族のパヌエルの娘で女預言者のアンナという人がいた。この人は非常に年をとっていた。処女の時代のあと七年間、夫とともに住み、 2:37その後やもめになり、八十四歳になっていた。そして宮を離れず、夜も昼も、断食と祈りをもって神に仕えていた。 2:38ちょうどこのとき、彼女もそこにいて、神に感謝をささげ、そして、エルサレムの贖いを待ち望んでいるすべての人々に、この幼子のことを語った。

 ☆

下記のようにクリスマスの集いがあります。

Img6963

Img697

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧宰郷邸から岩手山を望む

Dsc01446

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のこり何分?

 

光を意識した明るいパステル調の花を多くご用意しました!

 いまの米大統領の出現以前から、教会の説教の中では、「誰が指導者になるかによって」と、世界の成り行きが案じられてきている。いまはもう説教の全文を起こす時間と体力がなくなっているけれども、しばしばいわれてきたこととして思いだされる。
 米科学誌「ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ」の世界終末時計。これがエルサレム問題でまた進む。まさかと思うことがたて続けに起きている。環境の度外視、戦意を煽る発言、双方ともに、これが一国を預る者の台詞だろうかと唖然とする。こんどは火薬庫に火を投げこんだのだ。エルサレムが揺れる。
 国益、政治、戦略、政策、争いの陰には、必ず、路上に無惨に投げ出されてしまう人たちがいる。それをあたかも数字で割り切ってしまうかの意識がまたあるのだ。
 「エルサレム」の意味は「平和な町」。エルサレムが平和であったことはない。エルサレム、それはいたるところにある。エルサレムに平和をと願い祈る。

※写真は無料画像をお借りしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もみの木

 はやくも師走、と一日に書いたのですが、アップせずに。きょうになって、ちょっとだけでも書いて更新しようとキーをポツポツ打っています。

 いちにち寒く、庭石やコンクリートが、冷たい色合いで地に沈みこみそうでしたが、雪が天上から気まぐれにちらつき、控えめに踊りながら、うつむき加減のこうべを仰がせ持ちあげようとするのです。
 こうして慌ただしく忙しく、ことしも大晦日へと、ごく自然に流れつき、そこで一区切りをして、また新年へと漕ぎだすのでしょう。

 街のいたるところにもみの木が出ていました。

「もみの木の無料写真」の画像検索結果  「もみの木の無料写真」の画像検索結果

「もみの木の無料写真」の画像検索結果

ドイツ民謡

中山知子作詞(1)

もみの木 もみの木 いつも緑よ
もみの木 もみの木 いつも緑よ
輝く夏の日 雪降る冬の日
もみの木 もみの木 いつも緑よ

もみの木 もみの木 こずえ静かに
もみの木 もみの木 こずえ静かに
喜び悲しみ やさしく見守る
もみの木 もみの木 こずえ静かに

もみの木 もみの木 繁れ豊かに
もみの木 もみの木 繁れ豊かに
雨にもくじけず 風にも折られず
もみの木 もみの木 繁れ豊かに


早川義郎作詞(2)

おおタンネンバウム おおタンネンバウム ときわのみどり
おおタンネンバウム おおタンネンバウム ときわのみどり
夏の山路には 枝をさしのべて
清がしき木陰に われをいざなう

北風の冬も 変わらぬみどり
北風の冬も 変わらぬみどり
けがれなき雪の 白き装いに
いや清き姿 おおタンネンバウム
おおタンネンバウム

並木祐一訳詞(3)

(もみ)の木 樅の木
(お)いや茂れる
木蔭
(こかげ)をさまよい
語りし思い出
樅の木 樅の木
いなまお恋し

乙女よ 乙女よ
(なれ)はいずこよ
木蔭をさまよい
誓いし幸
(さち)の日
乙女よ 乙女よ
いずこに行
(ゆ)きし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめにことばありき

 きょうは第一アドベントです。
 亡き舅が、自分の誕生日には、何かお祝いがあるだろうと思っている様子でした。しかし、80過ぎての誕生日を迎えようとしたときに、こう言いました。
「きょうは、じいさんの誕生日だ。だからきょうは、じいさんがみんなのために何かをする日だ」
 舅がなぜか変わったのです。
 イエスさまは、多くの人たちを罪から救うためにこの世に来たといわれています。みんなのために何かをするために生まれてきたお方。そのお方の誕生日がクリスマスです。

「クリスマスの無料画像」の画像検索結果

 先週のインマヌエル盛岡キリスト教会の國光牧師の説教は『多くの主の民と』、聖書引証は「使徒の働き18:9~11」でした。

18:9ある夜、主は幻によってパウロに、「恐れないで、語り続けなさい。黙ってはいけない。 18:10わたしがあなたとともにいるのだ。だれもあなたを襲って、危害を加える者はない。この町には、わたしの民がたくさんいるから。」と言われた。 18:11そこでパウロは、一年半ここに腰を据えて、彼らの間で神のことばを教え続けた。

クリスマス関連の集会のご案内

Img6963

Img697

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天沼三津子 七宝ジュエリー展のご案内

Img698_2

Img700_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つくばい

Dsc01448

 旧宰郷邸にあるつくばい。訪れた人々が、このつくばいに寄って、手をきよめたかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャンドルサービス、クリスマス礼拝のご案内

Img6963

Img697

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ヨハネ3:16