Dsc01881
Dsc01888
Dsc01893
Dsc01886
    ☆
 けさはクラシック倶楽部がなく、ちょっと残念。最近で印象にのこったのは、ビオラ・ダ・ガンバの演奏。フォルテピアノ、これでベートーヴェンを弾くのは、サイズの合わない服を、窮屈でも無理に着せてしまうことに似ている。コンチェルト・イタリアーノ、静かな心境になる。
 名曲アルバム、「北九州炭坑節」には、資料映像を見ながら胸を打たれる。どこかの酔っぱらいが歌うものだとばかり思っていたけれども、意識を変えた。昭和7年にニットーレコードから出ていたようだ。

   ☆

 7月並みの暑さ。午前中は、木陰に椅子を置いて、資料などをちょっとのあいだ当たり、それから、北海道の知人のお子さんたちが書いた物語、ノート2冊分を拝読。ノートを読みながら、資料から事実は書き連ねるが、小説をいま書きなさいといわれたら、果たしてこのように想像力を働かせられるだろうかと自分を危ぶむ。

※写真は19日早朝に写したものです。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンフォニエッタ盛岡 2018年春のコンサート

  土曜日は、シンフォニエッタ盛岡のコンサートでした。モーツァルトの40番、前のほうで聞いたこともあり、目の前のステージ以上の編成かと思われました。とてもよかった!宮古市に住んでいたころに、子どもたちを乗せて海沿いを走りながら、カーステレオでかけたのが40番。真っ蒼な海が眼前に浮かび上がりました。懐かしさもあって、よいひと時をいただきました。
 映画音楽、アレンジ、自然な流れ、リズムにのり楽しかったです。指揮の方は、トランペットがご専門、「夜空のトランペット」などもお聞きしたかったですね。
 シンフォニエッタの前身を創設された成田先生はご自宅でか、奥様のお姿はお見掛けしましたが、ご挨拶しようとしたときには、もう帰られた後でしたか。代表者が替わられたようですが、コンミス席は、いつもの宮野さん。
 シンフォニエッタは、赤沢長五郎の流れを汲んでおり、リスナーの一人として、いよいよのご活躍を祈りつつおります。善意には感謝申し上げます。よいコンサートを有り難うございました。

※若干トリミングしてございますが、以下にプログラムをご紹介いたします。
Img012sinnfonietta_2

Img006_2
Img007  
Img008
Img010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きょうのことば

  先週は主人の所用で、宮古市まで出かけてきました。片道2時間。教会は欠席しました。教会を欠席するのは、年にいちどか2度しかありませんが。
 真崎海岸に立ち寄ってきました。3・11でえぐられた傷跡もそのまま。薄墨で描かれたような雲のしたで、波が、飽かずに打ち寄せ、飛沫をあげ、時の間ためらうように砕けては返してゆきます。すっきりと晴れ上がっていないこともあり、まだまだそこかしこに、澱んでいる人の想いが見えるかのような景色でした。

Dsc01862
Dsc01863
 いま6時。雨で延びていた近くの小学校の運動会開会を知らせるのろしが聞こえました。

  ☆

 きょうは、ウェブ上に、大変よいブログがありましたので、そこから転載させていただきます。癒しのことばとして取り上げてられていました。

(箴言4:20-23)
                    
「わが子よ。わたしのことばをよく聞け。


わたしのいうことに耳を傾けよ。


それをあなたの目から離さず,あなたの心の内に保て。


見いだす者には,それはいのちとなり,その全身を健やかにする。


力の限り,見張って,あなたの心を見守れ。」


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盛岡タイムス「楽都のユニゾン」連載第29回

 きょうの盛岡タイムスに、当ブログの筆者が寄稿している「楽都のユニゾン 鳥取春陽と太田カルテット」の連載第29回が載っています。コンビニでお求めいただけますので、購読いただければ嬉しく思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

なみだをこぼす鈴蘭-苦しんでいる友達に捧げるー  ぶんな詩

Dsc01871

ああ
ほんとうに
なみだが出ます
どうしてこうなのか
どうしてああなのか
それが罪が原因だというなら
じつは
もう
何千回も悔い改めました
それでも
なみだがにじみ
なみだは流れます
 
きよいものが
きよいほどに
きよいばかりに
後からあとから
なみだが出るのです

じぶんを洗って
すみずみまで洗って
頭のてっぺんから
指先
足のつま先まで
洗って洗って
もう
からだじゅうが
真っ赤に腫れるくらいに
洗えば洗うほどに
なみだはこぼれる

きよいものの悲しみが
なぜこんなに深いのか
それはまるで
永遠に
解けることのない
複雑で難儀な
パズルのようです

けれども
そのたくさんのなみだが
いつしか
ひとにも知られずに
小さく
ひっそりと
透明な紫色に輝く
勲章となるように
祈ります
いのります



 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

チューリップ

Dsc01843

Dsc01867

Dsc01844
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きょうのことば

Dsc01768

  先週の教会の説教は『福音の奥義』  (國光勝美牧師) 、聖書引照は、コロサイ1:24~29でした。

1:24今、私は、キリストのからだ、すなわち教会のために、私の身をもって、キリストの苦しみの欠けたところを満たしているのです。キリストのからだとは、教会のことです。 1:25私は神からゆだねられた務めに従って、教会に仕える者となりました。あなたがたに神のことばを、 1:26すなわち、世々の昔から多くの世代にわたって隠されてきて、今は神の聖徒たちに明らかにされた奥義を、余すところなく伝えるためです。 1:27この奥義が異邦人の間でどれほど栄光に富んだものであるか、神は聖徒たちに知らせたいと思われました。この奥義とは、あなたがたの中におられるキリスト、栄光の望みのことです。 1:28私たちは、このキリストを宣べ伝え、あらゆる知恵をもって、すべての人を諭し、すべての人を教えています。すべての人を、キリストにあって成熟した者として立たせるためです。 1:29このために、私は自分のうちに力強く働くキリストの力によって、労苦しながら奮闘しています。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たんぽぽ   ぶんな詩

Dsc01832

いっしょに咲いてもいたけれど
綿毛になっちゃ仕方がない
そろそろ
お先に失礼するよ
いつ吹くかもわからない
どこに吹くかもわからない
気の向くままに浮き沈む
風の乗り物にのって
まもなく僕は旅に出る
水色の空を感じながら
こっちかな
あっちかな
僕が着地するのは
どっちだろうと
そこいらじゅうを見まわしている
りっぱなりっぱな目標も
より所もなく
ふわふわと
あくびをしたりこらえたり
目をつむっては瞬きしながら
僕の危うげな低空飛行
僕は
僕の知らないうちに
そこがどこかは知らないけれど
やがては
ふわりと地に落ちて
やがて芽吹いて
やがて咲く
黄色いきいろい
小さな花の
たっくさんの花弁の中で
ふふふ
ふむふむ
くすくすと
虫なんかにも愛想して
そこでぐんぐん根をのばし
光をいっぱい身に浴びる
てらうことなく
そのまんま
つくねんのほほん
笑い咲く




| | コメント (2) | トラックバック (0)

きょうのことば

 GWの最終日です。一昨日、パソコンを新しくし、きのうデーターを移行してもらい、不慣れながら何とか更新しています。
 去年、枝をかなり刈りこみ、丹念に樹皮をはがした白っぽい葡萄の樹肌のそちこちに、新しい芽がぷちぷちと吹きだしています。咲こう、実ろうとする生命力が、いま、湾曲するこの樹木のうちに漲っています。「我は葡萄の樹、なんじは枝なり。人もし我におり、我また彼におらば、多くの果を結ぶべし」ということばが浮かびました。
 まわりには、真っ赤な木瓜、そして黄色い山吹がたわわに咲き、ことしやっと花房をつけた大手毬の花が、まだ緑色をして、爽やかな朝の空気をいっぱいに吸いこんでいるようです。

Dsc01825

 

Dsc01828

Dsc01829_2Dsc01830  

Dsc01831

 先週の教会の説教は『奥義なるキリスト』  (國光勝美牧師) 、聖書引照は、コロサイ1:24~29でした。

1:24今、私は、キリストのからだ、すなわち教会のために、私の身をもって、キリストの苦しみの欠けたところを満たしているのです。キリストのからだとは、教会のことです。 1:25私は神からゆだねられた務めに従って、教会に仕える者となりました。あなたがたに神のことばを、 1:26すなわち、世々の昔から多くの世代にわたって隠されてきて、今は神の聖徒たちに明らかにされた奥義を、余すところなく伝えるためです。 1:27この奥義が異邦人の間でどれほど栄光に富んだものであるか、神は聖徒たちに知らせたいと思われました。この奥義とは、あなたがたの中におられるキリスト、栄光の望みのことです。 1:28私たちは、このキリストを宣べ伝え、あらゆる知恵をもって、すべての人を諭し、すべての人を教えています。すべての人を、キリストにあって成熟した者として立たせるためです。 1:29このために、私は自分のうちに力強く働くキリストの力によって、労苦しながら奮闘しています。

  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

微塵となった桜

さくらはもう消えてしまった
そう思うのは
なにかさびしい
そこに生きていたものが
消えるなんてことは
どうしたって
あってはならない
いちど咲き
いちどは散るけれど
落ちて
色あせて
土に埋めこまれるだけじゃない
美しさや
優しさは
みんなみんな
朝日が輝いたそのときに
すっかり砕かれた
硝子の微塵となって
真っ青な大空に
すんなりと溶けだし
またどこかで蕾となって
またどこかで
誰かの頭上に
たわわに
たわわに咲いて
そして咲きつづける
枯れるように見えても
それは枯れない
永遠に
それは枯れてはならない

Dsc01761

Dsc01765

Dsc01748  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«きょうのことば